2006年09月16日

書籍になります♪

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

みなさん
こんにちは。
播摩早苗です。

長いことご無沙汰していました。

このブログが書籍になることが決まりました。
来月の25日に店頭に並びます。
「モテル男の会話術」というタイトルだったと思います。

しかも、編集者は女性。
改めてこのブログを同性も読んでくれているのだなあ〜とうれしくなっちゃいました。
イラストレーターも女性。
デザイナーも女性。
もちろん著者の私も女性。

っていうことで、
「げっ。こういう男大嫌い」
「いるいる。こういうオトコのコ」
「わあ、これ会社のAくんに読ませたい!」
なんて、盛り上がっています。

長い間ご愛読ありがとうございました。
次回は、また別のブログを立ち上げます。

お気に入りから外さないでね。

では〜











↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年08月18日

ケンカより大きい利益は何

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

男女のケンカは珍しいことではないよね。

ケンカから互いの理解が生まれることもあるし、相手の無神経な言動に立ち向かっていくことが必要なときもある。

ただし、今やってるケンカをどう収束するか、考えて欲しいと思うの。
収束を考えずに、感情のままののしりあうのは、バカップルだよね。

ある若い夫婦が深夜、私の事務所にきて、彼の友達・高田(仮名)くんの話をしていたときです。
行き掛かり上、私も一緒にいたのね。

妻のアキちゃん(仮名)は、高田くんの生きかたを理解できなかったらしく「疑問」を並べていた。
事実、何人もの女性を泣かせたり、仕事を怠けたりと、潔癖症で責任感の強いアキちゃんにとっては許せない生き方だったのです。

スタートは「自分たちの働きかけで高田君に何とか気づいて欲しい」というテーマで二人は話し合っていたはずなの。

ところがやり取りをするうちに徐々に彼女が興奮し、「疑問」は「批判」に変わった。

「私は、今度高田君に会ったら、はっきり言ってやるわ。それから、もうあなたも友人としてつき合わないでほしい。人間として最低よ! 甘えてるわ・・・」と言ったときです。








続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年08月17日

〜自分を知ることから生まれる「確信」と「あこがれ」の違い。

| カテゴリ ●小さなコーチングスキル

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

女性は、恋愛にあこがれて始めるひとは少なくなっているとと述べました。

あこがれて恋愛をスタートさせ、自分を見つめていない人、自分を知る取組みをしていない人は、「この人が自分の人生でどのような役割を果たすのか」という確信がありません。

ですから、相手の一時的な魅力や魅力と勘違いしていること、相手は多分こういう人だろうという「思い込みの解釈」を判断基準とします。

「相手次第」なのです。

そもそも自分の中の確信を「よすが」としていないのですから、基準は恋愛のたびにぶれる。

自分を知っているひとは、恋愛に求める「本質」を知っています。
ぶれない確信は、人生でも恋愛でもとても重要な役割を果たしてくれる。

自分に問いかけたことがありますか?









続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年08月16日

ふつうのオトコのコの方がモテることもある(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、友達の由美子(29歳)が「パートナーを探す相談所の会員」として登録して、彼女の理想にぴったりのOさんとめぐり合い、2ヶ月で「結婚、決めたわ!」と早々と宣言したって言うところまで話しました。

デモネ、由美子と話しているうち話がどうもちぐはぐ。]

確認すると、なんとなんと、決めた結婚の相手は別れたがっていたはずの富士夫だったの!

いぶかる私に、由美子はこういいました。



ディセンシア つつむクリーム





続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年08月15日

能力ふつうのオトコのコの方がモテることもある(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

ちょっと昔の話。

一緒に働いていた29歳の女性、由美子(仮名)が、結婚を決めたときのこと。

彼女には、22歳のときからつき合っている男性、富士夫(仮名)がいたの。
いつも「別れたいけれど、なかなか別れられないのぉ」と言っていました。

まあ、別れたいと思っていたのは事実で、彼女は、ある「パートナーを探す相談所の会員」として登録したのね。
月々、2万円ほど会費を支払うと、希望するタイプの男性との出会いの場を設定をしてくれるらしかった。

さて、何人目かの出会いで、彼女は理想にぴったりの人、Oさんとめぐり合いました。



FXプライム デモ

続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年08月14日

感謝すると直感が研ぎ澄まされる

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

「出会い型コーチングセミナー」には、積極的でモテるタイプの男の子と、モテる男のコと行動は似ているけれどモテないオトコのコがいます。

ややこしい?

考え方の順番が違うのだと思います。

モテないコは、人を利用することを最初に考えちゃう。
エゴで行動しているといっていいね。

そういうオトコのコは、オンナのコが欲しいから、オンナのコに声をかける。
オンナのコにもてたいから、オンナのコを選ぶの。

オンナのコは、そんなことを直感的に感知する。



マツダレンタカー


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年08月11日

本当の自分を知ろう(3)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、恋愛で「理想」に振り回されるあまり、自分の本質とマッチしない恋に突入してしまう、なんてことがあるって言う話をしました。

若いコがはじめから「完成品」であるはずがないって。

一方で、「自分が求めるスタイルに応じてくれる相手」を安易に選んでしまうこともある。

たとえば「主導権を握れる年下のコ」などという1つのパターン。
そんなときには、相手そのものを見ていないのね。
「心地よさ」ばかりに焦点が当たってる。

仮に、互いの価値観の相違からケンカになったとしましょう。
そのとき解決策に向かわないとしたら、外にある問題点だけを見て、自分の正当化に時間を費やしてしまう。

たとえば、「なぜ、彼女はこうなんだろう」とか、「なぜ、私はいつも失敗するのだろう」と相手や、自分の過去の情報に主体を置いてしまって、その結果二人にとって有益な未来のプランは見えません。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年08月10日

本当の自分を知ろう(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

さて、『自分を探すたび』の続きです。

旅をしながら、人は自分にクエスチョンを投げかけてその答を探して歩き続けるのね。

たとえば、「私は人生で何を得たいと思っているのか?」「何をして進むことが自分自身にとって一番幸せな時間か?」など。

自分自身を知るということは、言葉でいうほど簡単ではない。
苦しいし、混乱もするし、恥ずかしくなるかもしれない。

恋愛も一緒かなって思う。
自分が恋愛に何を求めているのかを知っている人は恋愛で振り回され、疲れ果てて終わり、でも同じような恋愛を繰り返す、などということが少ないような気がする。

「自分は恋愛に何を求めているのか」「自分らしい生き方をするために、パートナーに求めることは何か?」考えてみて欲しい。
その結論が出なくても、近づいてみて欲しい。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年08月09日

本当の自分を知ろう(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

私は、「出会い型コーチングセミナー」という研修を行なってます。
で、コーチングをビジネスだけではなく、オフビジネスでも使おうという提案をすることがこのセミナーの目的。

その中で、管理職や中年男性ばかりではなく、これから結婚し、子供の親となり、家庭を築いていく「若い層」にコーチングを理解して欲しいと願ってます。

このセミナーのねらいのひとつには、もちろん「コーチングスキルを習得してもらうこと」。
第2には、「初めて出会った人とでもコミュニケーションを楽しめることを知ってもらうこと」があります。
そして第3には、「自分自身の内面を理解してもらうこと」。

この第3の目的である「私は何者か」ということなんだけど、あなたはどう思う?
あなたは自分を知ってる?


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年08月08日

合コンで、端っこにしかすわれない?(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、消極的と控えめは違う。

「控えめ」というのは、仲間に入りながら、他者に対して、配慮があること。
たとえ言葉が少なくとも、誰かが話せばよく聴き、笑います。

これが大切なことって言いました。

単にちょっとしたテクニックだと思われそうですが、これ、「軸を相手においている」から、まさにコーチンとしてのコミュニケーションなの。

自分も大事にしつつ、いっしょにいる「他者を中心にできる」つて、人間としての深さを感じさせるよね。

だから、たとえ発信するコメントが少なくとも、思索しているひと、精神的にしなやかで、強いひとという印象を与える。

でも「ひがみ」から生まれた方の行動は、どう?

「ちゃんと俺に気を使えよ! こうして隅でいじけてるんだからさ。機嫌とってくれないと、帰っちゃうよ」というメッセージを周囲に発し続けます。

こんなこどもを相手にするのはうんざりよね。
同じ「隅に座る」という行動も、オンナのコに与える印象は全然違うんです。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。