2006年06月01日

新刊本タイトル決定

| カテゴリ ●お知らせ

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

新刊本のタイトルが決定しました。

今すぐつかえる!コーチング」です。

あっ!「つかえる」がひらがなか漢字か、確認していませんでした。
どっちなんだろう。

本のタイトルって、バタバタ決まるんです。

今回は、仮でつけていたタイトルがあったのですが、すでに同じタイトルの本があり、結構あわてました。

ビジネス本のタイトルは、似ているよね。
「つかえる」「できる」「わかる」「実践」「超〜」「10のルール」なんて、あふれているもんなあ。

かと言って、すごく奇抜なのをつけても受け入れられないらしいですよ。

今回は、新書版なのでタイトルが短いですね。
編集の吉村さんが寝ずに考えてくれました。

「今すぐつかえる!コーチング」は、気に入っています。

今まで疑問に思っていることが解決されて、説明している通りに行なってみるとコーチングがスキルアップするようにできています。

読んでみてください。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月02日

スキルを超えて魅力的であること(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

私の身近に魅力的な男性Kさんがいるのね。
いつも地味目のスーツを着て、ネクタイも地味で、見た感じは普通の紳士かな。

彼は、一言で言うと、とても辛らつなひと。自分の価値観を押しつけるし、白黒はっきりしなければ気がすまない性格だから、相手にとって「耳の痛いこと」もはっきりと言葉にする。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月05日

スキルを超えて魅力的であること(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、「おかしい」と「楽しい」は違うという話をしました。

あなたが笑って聴いてくれるだけで、相手は自分の言葉と心が届いていると感じるよというところまで。

オンナのコは合コンなどで「おかしい」ことを言ってくれて場を盛り上げる人には、知性を感じます。
軽妙なアドリブ力や表現力をすばらしいと感心するから。

それは、サービス精神から出たもの(自己顕示欲もありますが)だから、クラくて何を考えているか分からないオトコのコより評価は高い、圧倒的に。

ですが、そこには「笑ってきいてくれるとき」に感じる「自分自身を認められた」という満足や安心はないのです。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月06日

スキルを超えて魅力的であること(3)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は「笑ってきいてくれるとき」に感じる「自分自身を認められた」という満足や安心は大きいし、「楽しい」という気分にさせてくれるオトコのコとの時間は、オンナのコにとってその場を一緒にすごしているという実感がもてる時間だよ、という話をしました。

さて、2日前に登場した魅力的なKさんのことを書きました。
私の話を「笑いながら」きいてくれるKさんです。

このKさんとは対極的な男性がいます。Yさんです。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月07日

〜間を大切に

| カテゴリ ●小さなコーチングスキル

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

プロコーチになりたいという人の養成を行なって4年以上になります。

受講者は、大学生もいたし、主婦もいたし、リタイアした人とか、いろいろでした。

職業は、士業が多いですね。税理士さんとか公認会計士さんとか。医家も多いですね。医師看護師鍼灸師など。SEも多いですね。

不思議と皆さんコミュニケーションが上手い方ばかりなんですよ。

コミュニケーションスキルってつかえるものだし、生きていくうえで大切なことだよね、ってよく知っている人だからわざわざ時間をつくって、出費もして講座にきてくれるんだよね。

そんななかで、コーチを目指す多くの人のセッションを見てきました。

コーチにとって大切なことはいろいろあるけれど、「」を大切にできるということが重要な要素と感じます。



続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月08日

恋愛で未完了をつくらない(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

今日からはチョット重いけれど、「未完了の話」です。

未完了とは「終わっていない状態」をいいます。
人間関係が終わっても、「心」がまだそこにあるのです。
終了していないから、宙ぶらりんなんです。

「恋愛の未完了」もっていませんか?


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月09日

恋愛で未完了をつくらない(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

新しい本が出ました。
「今すぐ使える!コーチング」PHPビジネス新書です。
若い管理職・リーダーを対象としています。
発売は、来週の15日(木)です。
是非お読みください。

さて、昨日から「未完了の話」をしています。

未完了とは「終わっていない状態」。
人間関係が終わっても、「心」がまだそこにあるのです。
終了していないから、宙ぶらりんということ。

失恋は未完了になることがあります。

未完了は、「忘れている」ようだけれど、意外にエネルギーをダウンさせます。

場合によっては、時間が辛い経験を徐々に忘れさせてくれるケースもあると思っているでしょう。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月12日

恋愛で未完了をつくらない(3)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、気持ちのどこかで「復讐心」が渦巻いているとしたら、その「恋愛」はあなたの中で「まだ終わっていない」ということ、つまり「未完了」。

時間をかけて封印して、埋めたたつもりでも、「未完了」として残っていると、それは、たまに意識に上ってくる、という話をしました。

今日はその続き。

そんな復讐はもうやめましょうよ。
相手のことを許そうよ。

そこまでは多分できると思う。
相手を許すところまでは。

もう一歩進んで、彼女があなたを踏みにじることを許してしまった「あなた自身」のことも許そう。

もし、今日までのワークで「自分の未完了」と「精神的エネルギーに与えているダメージ」に気づいたら、その「未完了」をたった今、完了してしまいわない?

じゃあ、どうすればいいか。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月13日

恋愛で未完了をつくらない(4)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、「恋愛の未完了を完了する」ために、恋した自分をいとおしいと思ってみてと言いました。

「ああ、失恋した俺って、いとおしいな」って。
つまり、受け入れるっていうこと。

現在の自分の心を味わってみてください。

どうでしたか?

たとえ振られても、今、失敗したと感じていても、それは失敗ではありません。

なぜなら、コーチングには、「失敗する経験」はない。あるのは「成功する体験」か「学ぶ体験」。

恋愛でも力強くあってほしいのです。
向き合ってそこから学ぶことを考えてほしい。

傷ついてそのままの人や、傷ついて酔いしれていることからは何も生まれません。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月14日

ステレオタイプのオトコのコ(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

ひとつ質問です。

あなたは、恋人の前で泣けますか?

ふ〜ん、泣けないんだ。
でも、泣きたくなることはあるでしょ?

「泣けばオンナはオチル」なんて嘯く人はここでは除外して、泣きたいときに泣けない男は多いっていうことを話してみたいと思う。

かくいう私も、若いころ人前では泣けませんでした。
家族の前でも泣けませんでした。

生育暦において、いろいろな価値観が備わっちゃって、泣けないんですよね。
泣くことって恥ずかしいことだと教育されてきたからなあ。

じゃあ、もうひとつ質問。

男が「泣く」って、そんなにいけないこと?

どう?

泣けない、あるいは笑えない、つらいと人には言えないと思っているオトコのコは多いんです。

そんな「思い込み」がその人自身を窮屈に不自由にしています。

では、泣けない、笑えない理由を考えてみて。

「オトコのコなんだから、泣いたら恥ずかしいわよ」「弱虫ねえ」「男はニタニタしちゃいけない」そんなメッセージを与えられて育っていませんか?

では「男が泣いちゃいけない」って本当?


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月15日

ステレオタイプのオトコのコ(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、泣いたり笑ったりという感情を悪いものであるように捉える親、つまり感情表現の評価に偏りのある親はいる。

そういう親の価値観はこどもにかなり影響を与え、こどもは自分の気持ちに気づきにくくなり、コミュニケーションの相手の気持ちにも鈍感になるよっていう話をしました。

もう一方で私たちは、有能であることを奨励されて生きてきました。

すると、有能性の証明のための表現は強く出ます。
自分の「有能性」を何とか出そうとする。

頭がいいだけではモテない」でも話したけれど、オトコのコが自分の話ばかりしてしまうのは、その典型。

ステレオタイプのオトコのコはこうしてできていくのね。

実に私たちの価値観には、親から与えられてきたメッセージが色濃く反映します。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月16日

ステレオタイプのオトコのコ(3)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、ステレオタイプのオトコノコは、有能性の証明のための表現は強く出る。
私たちの価値観には、親から与えられてきたメッセージが色濃く反映します。
よく見られるステレオ君は、「男と女」で分けてしまうタイプですよっていう話をしました。

女性は露骨に有能性をアピールする男性を嫌うということは、もうわかっていただけたと思うんだけど、それでも日常の中では結構やっていますよ。

たとえば、
「体重チョット増えちゃったの」と彼女。

「そりゃあ、そうだよ。君は、食事の時間が不規則で、甘いものばかり食べてるからさ」とあなた。

こんな風に、「悪者探し」をされると、オンナのコはうんざりします。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月19日

ステレオタイプのオトコのコ(4)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、「悪者探し」「分析」「解決策の押しつけ」は、「有能性」を証明したい、という「価値観」の反映だよっていう話をしました。

さて、ステレオタイプのオトコのコ(1)の「泣けない」に戻りましょう。

恋人や家族がどう思おうと、あなたの思いや感じ方は、あなたのものですから、あなた自身は大切に扱って欲しいのね。

だから、まず自分自身がその感情を見ないようにすることはやめて。
ひ弱な自分がいたっていいじゃない。

次に相手に言うかどうかだけれど、言わない選択もありだよね。

でも、悲しいと感じたこと、つらいと思ったこと、おかしいと思ったことは、大切なパートナーに対して隠してばかりいると、すごく不自由じゃない?

オトコって、そんなに弱音を吐いちゃいけないもの?
つらいとか苦しいとかいうあなたの気持ちを「オンナのコは知りたくないと思っている」と思い込んでいる?


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月20日

本日発売『今すぐ使える!コーチング』

| カテゴリ ●お知らせ

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

以前もこのブログで紹介しましたが、私の新しい本がやっとアマゾンにアップしました。

ぜひ、御購読くださいね。

今日はその本「今すぐ使える!コーチング(PHP研究所)」の中からの一節を転載します。

「サポート」と「ヘルプ」の違いです。

あなたはこのふたつ、どう違うと思う?

これは、コーチングの真髄です。簡単に学習しましょうね。

続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月21日

映画を観たあとのとっておきのひとこと(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

今日はデートの話。

オンナのコとのデートに「話題の映画を一緒に観る」コースを選んだなら、注意してください。

映画の後、食事に行くよね。

そこで気の利いたことをかっこよく話そう、評論家のように話そう、などと考えてない?
あるいは、映画が終わってからレストランまでの道のり、自分の感想をしゃべり続けていない?

自分の感想を話すのはOKよ。
彼女もきっとききたいと思っている。

要注意なのは、あなたの発想の中に、「どんな感想をもった?」と相手に尋ねようという選択肢がないこと。

あなたが話をしたいように、彼女も感想を言いたいのです。

続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月22日

映画を観たあとのとっておきのひとこと(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、映画を見た後に食事をしながらなら、どうきく?っていう話でした。

簡単です。
「どんな感想をもった?」ただそれだけでいいのです。

でも、チョット待って。

自分が話したいから、まず先に相手に話をさせる、という意味ではありません。

うちのスタッフにもそういうオトコがいる。
「自分の感想を話したいから、まず彼女に全部話させるんだよね。ぜんぜんきいてないけど。相手が満足したら、こっちの言いたいことを話せるでしょ」。

・・・って言うことじゃないの。

続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月23日

リラックスできる方法を知っている?

| カテゴリ ●小さなコーチングスキル

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

気分がいいときは、細かなことが気にならなくなり、相手のことを許せる心の余裕ができます。

オンナのコもあなたも「気分がいい状態」であれば、当然ふたりの間にある空気がやわらかくて、会話もうまくいくでしょ。

それには、まず相手にいい気分になってもらうことです。

ここまで相手にいい気分になってもらうために大切なことをいくつか述べましたが、一番大切なことは「あなた自身が楽しい気分であること」かもしれないね。

あなたがいい気分で、最高の笑顔でいたなら、相手にもその笑顔は伝染するから。

今、あなたがリラックスできて、いい気分になれそうなことは、何ですか?

最近、仕事で成果を上げたことですか?
課長から褒められませんでしたか?
次の休みにどんな計画をもっていますか?
ゴルフで爽快な気分を味わいませんでしたか?
今朝、美人の受けつけ嬢がにっこり微笑んでくれましたね。

いろいろ思い出してみましょう。

続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月26日

共通のビジョンを見つけよう(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

今日は、コーチを雇ってベストパートナーを見つけた人の話です。

「パートナー紹介」の組織に加入していて、何度か「お見合い」をしていたAさんは、「自分探し」のためにコーチを雇いました。

その申し込みの電話は、私が受けました。
Aさんに会ったことはないけれど、声のかわいらしい人です。

顔は、瀬戸朝香さんに似ていると本人が教えてくれました。
話し方は、とても知的な人。

Aさんのお見合いの結末はいつも、じぶんがしっくり感じられずに断る形だったそうです。

彼女は、「コーチングによって、自分と向き合ってみよう。
そして、そこからベストパートナーを見つけよう」と考えたのです。

その結果、意外な自分自身を知ることができました。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月27日

共通のビジョンを見つけよう(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

きのうは、コーチを雇って「自分がどんな生き方をしたいのか」、「パートナーに何を求めるのか」、「今までの恋愛から学んだこと」、そして「恋愛から何を得たいのか」など、まず自分の思いを知るという取組みをしたAさんの話をしました。

今日は、Aさんの成果を話しますね。

Aさんは、それまでは「リーダーシップを発揮する強引なタイプの男性」に惹かれがちでした。

ところが、コーチングで「パートナーに何を求めるか」を探っていくと、「自分の意見を大事にしてくれて、ともに歩んでくれること」を欲していることをはっきりと自覚したのです。

Aさんが、コーチに話したことです。

「私、いつも別れるときも似た感じでした。懲りずに似たタイプを好きになってました。もしかして、理想の相手に振り回されて、実は自分がどういう人を求めるべきか、分からなかったんです」。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月28日

コーチを雇うということ

| カテゴリ ●お知らせ

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

今日は、「コーチを雇うってどういうこと?」という質問に答えたいと思います。

大勢の人から質問をもらいました。

コーチは、クライアントと会話を重ねることによって、クライアントの優れた能力を引き出し、目標を達成できるように(あるいは前進できるように)自発的な行動を促すサポートをすること

コーチは、「クライアントは自分自身の可能性を主体的、自発的に開発することを喜ぶはずだし、それは人間としての自己実現であり、幸せだ」ということを前提として会話をします。

つまりクライアントが潜在意識の中に「自分の答」をもっていると信じて、その答を引き出しながら、目標達成へと伴走していくのです。

ちょっと分かりにくい?

1週間に1度、あなたはコーチに電話をします。

電話の向こうで40分間、話をきいて、あなたの頭の中を整理したり、あなたのアイデアを引き出したり、どんな行動をとるべきか引き出してくれたり、っていう人を想像して。

その人は絶対あなたに命令しない。
そして、一番身近な「味方」です。

その時間あなたは、何を話してもいいの。
あなたのためだけの時間です。

コーチは、「整理できていないこと」とか、「こうなったらいいなあという突拍子もない夢」「愚痴」「秘密」なんでもきいてくれて、質問によってあなたの行動を軽くしてくれるの。

私の会社、フレックスコミュニケーションのホームページも参考にしてね。

今日はここまで。
明日からまた「ちょいモテ」は続きます。





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月29日

自慢癖は最悪!(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

先週発売された私の本「今すぐ使える!コーチング」の増刷が早速決まりました。
ホントに大勢の人に読んでもらってる。
ありがとうございます。

さて今日の話題です。
自慢というのはどうも癖になるようですね。
周囲にもいるでしょ。

ある大学生のグループと話をしたときのことです。

私立大学三年生の彼らは、ひとりの後輩の自慢癖について悩んでいました。
車好きのA君が過度な自慢をすることに辟易としていたの。

私が彼らと出会った直前の飲み会での出来事。

みんなで車の性能の話をしていたときに、A君は自慢に自慢が重なって、「実家にはベントレーが2台あって、自分の車はF1並みのスピードが出る」というところまで話が進んじゃったっていうのね。

それまで「まあ、こどもっぽいけれど悪いやつじゃないから・・・」と感じていた先輩たちも、そのときからは「相手にしても仕方がないな」と思うようになったという話。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年06月30日

自慢癖は最悪!(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

昨日は、周囲から「素敵なオトコ」という評価を与えられたいがために言ってしまった自慢話が、周囲との関わりを閉ざしてしまうという話をしました。

昨日のベントレーオトコほどではなくとも、あなたも「つい」やっていませんか?

「ああ、ミスR大学だったS子?知ってるよ。・・・っていうか、実はアイツ俺のことが好きでさ、結構しつこく追いかけられたよ。イヤ、ホント。へへへ・・・」なんて。

オンナのコにしてみれば、ちょっと聞き苦しいです。

ホントの場合もあるでしょうけれど。
ホントのことならなおさらそんなことを口にしないデリカシーがほしいな。

うそであっても、ホントであってもこれらの話は自分を飾っているだけ。
丸腰の自分では「自信」がもてないから、精一杯大きく見せているのね。

ブランド品をもつて、あまり似合わないけれど、満足しているオンナのコとどこか似ているね。

こんなひとをオンナのコは、あまり好きにはなれません。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。