2006年07月03日

気を使いすぎると、オンナのコも疲れる(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

恋人や異性の友人との関係で、自分の思いを伝えなくちゃならなかったり、要望したり、時には相手を叱ったりという場面があるよね。

そんなとき何らかの対立があると、いろいろ考えて、思ったことをいえないときってあるでしょ。

たとえば、彼女の機嫌を損ねないように、遠慮したり、いい人と思われたくて遠回りに表現したりということ。

あなたも彼女との人間関係が壊れることにおびえすぎて、かえって距離をつくってしまうことがないでしょうか?

それは、彼女に嫌われたくないがために、自分の心をディスクローズしないでいること。

そんな気の使いすぎは、二人の関係にあまりいいものをもたらさない。
率直な方がいいのです。

すごく勇気のいることだけれどね。つまり、あなたの思いは引っ込めなくていいのです。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月04日

気を使いすぎると、オンナのコも疲れる(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

昨日は、彼女との人間関係が壊れることにおびえすぎて、かえって距離をつくってしまうことがないか、考えてもらいました。

率直な方がいい。でもそれはすごく勇気のいること。

ここで言う「率直」というのは、「わがままを通す」ということとも違う。

つまり相手が受け入れられないメッセージで自分の思いを無理やり通すことではないの。

相手が受け入れられる形で自分自身のメッセージを伝え、相手の主張も受け入れ、互いの納得のためにコミュニケーションを続けるって言うこと。

ちょっとずつ歩み寄ったり、「こんなふうに思ってたのか」と理解したり、妥協できるところはそれを伝えて、二人とも納得がいくように話をするということ。

相手に本当に向き合うって、そういうことなんだ。

エネルギー使うよね。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月05日

気を使いすぎると、オンナのコも疲れる(3)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

昨日は、「相手が受け入れられる形で自分自身のメッセージを伝え、相手の主張も受け入れ、互いの納得のためにコミュニケーションを続ける」ことが大切だよねって言うことを話しました。

ちょっとずつ歩み寄ったり、「こんなふうに思ってたのか」と理解したり、妥協できるところはそれを伝えて、二人とも納得がいくように話をするということが、相手に本当に向き合うって、そういうことなんだ。

独りぼっちになることが怖くて、気を使いすぎる人はいるよね。
そんなひとは、実はオンナのコをも疲れさせているかもしれない。

臆病すぎるひとのことを相手は、「どうも親しくなりにくい」と感じます。
一方で、距離を保ってくれない人とも人間関係を築きにくいと感じるわけ。

コミュニケーションってメッセージの交換。
間に少しの距離があるからメッセージを受け取れるの。

人格が同化してしまうと、メッセージの交換どころではありません。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月06日

質問を考えよう

| カテゴリ ●小さなコーチングスキル

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

次の質問に答えてください。

  1. あなたは、男性ですか。
  2. あなたは、食べ物は何が好きですか?
  3. あなたは、小学校時代成績がよかったですか。
  4. 今までもらった誕生日プレゼントで何が一番うれしかったですか?
  5. あなたは、映画好きですか?
  6. あなたは、どんな家に住んでいますか?



続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月07日

勝手に彼女を偶像化するな!(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

以前一緒に仕事をしていた同僚・Yさんにばったり会って、後日一緒に食事をすることになったのね。

彼は、10年ほど会わない間に結婚して、そして離婚していました。

彼は、「話をきかないオトコ」。

つまり、コミュニケーションはアウトプットだと思っている人の典型で、私と食事をしていてもずっっっ〜と話している。

95%以上は彼が話をしてるのね。

私は、合いの手を適当に打っているだけ。
そのうち退屈になってきちゃった。

彼の離婚の理由は、こうです。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月10日

勝手に彼女を偶像化するな!(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、10年ぶりにばったり会ったら、その間に結婚して、そして離婚していた友達のことを話しました。

「結婚した途端に彼女が豹変した!から結婚生活は続けられない」と彼は言ったけれど、「彼女からしっかりとヒアリングし、結婚の判断材料とすることを何も聞き出していなかったんじゃないのかな」って私は想像したというところまで。

つまり彼の言う「豹変」とは、彼女の現実が変化したわけではなかったと思うのね。

彼は、彼女から得られた「少ない情報」から、彼女を自分にふさわしい人として偶像化していたんだと思う。

で、暮らしてみたら、彼の中のイメージと違いがあっただけなのです。
2人で会っていても95%以上話してる日常の彼のコミュニケーションから想像がつくものでした。

だったら相手のプロフィールや印象からのイメージで勝手な彼女をつくりあげ、結婚してみて「違う!」と思ったとしてもそれは相手のせいではないよね。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月11日

目標はリラックス(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

今日はこんなことから考えてみて。

私たちは、なぜ、ともに歩く人がほしいのかな。

一人は寂しい。
二人はたのしい。

じゃあ、なぜ異性のパートナーが欲しいのかな。

そこには好みや感情などいろいろな要因があるけれど、多分きっと「安心」が欲しいんだよね。

私たちコーチにとって、クライアントの心理の中で一番大切にしなければならないことは「安心感」なんです。

安心の反対は危険、ではなく、コミュニケーションでは緊張。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月12日

目標はリラックス(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

昨日は、対人関係で「緊張」しちゃうと自分自身がどう感じているのかつかみ取る力さえが落ちてしまう。
それから自分を強く見せるために相手に緊張や警戒を感じさせるのは、親しくなるときに非効率的なんだよっていう話をしました。

では、話をして「安心」できる気分になれるのは、具体的にどんなことを感じたときでしょうか。思い出してみて。

「相手の思いに触れたとき」じゃない?

「思い」には、その人そのものがあるし、人としての「感情」のあたたかみを感じるから「安心」できるんじゃないかな。

じゃあもう一度、リラックスできているときの自分の心の状態に目を向けてください。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月13日

目標はリラックス(3)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

昨日は、相手の存在を受け入れ、心身ともに解放し、力を合わせて生きていくことで、「見栄」や「よそ行き」の緊張とは違う関係をもてる。

だから、コミュニケーションを「相手も自分もリラックスできる状態」をつくるために利用しようよって言う話をしました。

だってそうでしょ。

せっかくめぐり合った大切なひととは、新聞ネタの情報交換とかお追従とか「感情」がみえない話より、まず「思いを分かり合える話」に向かって欲しいと思います。

二人の時間を「何のために」使っているか、意識してみて。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月14日

本当のエレガント

| カテゴリ ●コーチングでもてる女になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

今日は、オトコのコの「チョイもて」から離れて、オンナのコにとってのちょいモテです。

先日、レストランで食事をしました。
日比谷のよく行くTホテルの中にある。
気に入っている理由のひとつにそのホテルのトイレが清潔なことがあるの。

相方と日比谷公園を散歩して、Tホテルで食事をし、帰りにトイレに寄ったとき。
何かの会があったのか、用を足し終わった数人の女性が洗面台の前を占拠しておしゃべりしてました。

私が手を洗おうとすると、1人の30前後の女性がスゥッとからだをよけて、洗面台を譲ってくれた。
他の女性はおしゃべりに夢中で私の存在になど気が向かないの。

私が手を洗い、メイクを少し直しているとき、彼女はバッグにポーチをしまって出て行こうとしました。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月18日

「シナリオ男」は軽蔑される! 〜オンナのコはあなたのシナリオどおりには動かない!〜(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

コーチングの基本、それは「コーチは相手の話題について行く」ということ。

でも、慣れていないコーチは、実際にコーチングをする前にシナリオを書いてしまう傾向があります。
最初に、「これをこうして、こういう結論に持っていこう」というシナリオを描いて、そのとおりの質問で強引に引っ張っていく。

そんなコーチは、コーチとしては失格です。
クライアントは「話したいことは話せなかった」と感じちゃうわけ。

あるいは、「こうしなさい」とアドバイスしたがるコーチも多いんです。
これは「コーチング」ではなく「ティーチング」。

これが続くとクライアントは「自分はコーチより劣っている」と感じて二人の関係が対等ではなくなったり、「自分は能力がないと思われているのだ」と感じコーチとの信頼関係が希薄になっていったりします。

さてこの二つの失敗、オンナのコとのデートも同じだ、ということに気づきいた?


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月19日

「シナリオ男」は軽蔑される! 〜オンナのコはあなたのシナリオどおりには動かない!〜(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、デートの予定を事細かに立ててリードする男性は、確かに気持ちがいいかもしれないけど、それで失敗していない?っていう話でした。

事細かにシナリオを書いてリードすると、オンナのコはどう感じるでしょう?

確かに、「私のためにいろいろ準備してくれて嬉しい!!」と感じるオンナのコもいるかもしれない。

でも、あながちそうとばかりは言えないんです。気をつけてほしい。

「私なりに描いていたデートの計画と違う」と思っちゃうこともある。
「私の希望は無視ね」かもしれない。
「ゲッ!自己チュウ!」もあるね。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月20日

「シナリオ男」は軽蔑される! 〜オンナのコはあなたのシナリオどおりには動かない!〜(3)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

自分のシナリオを書いて、そのスピードを「格好いいこと」と思っているなら、勘違いがはなはだしい、オンナのコにとってその強引さは、「男らしい」とは映らない!という話をしました。

事前にシナリオを立てて、その通りに物事を進めようとすると、自立しているオンナのコはそれを「軽薄」「浅はか」「ひとりよがり」「がっついてる」と評価するんです。

でも、「自分のシナリオどおりに相手を動かそうとする」ことは、男性に強く見られる傾向なのね。

オンナのコにとって、まあ、好みもあるけど、優柔不断はイヤ。

でも「黙ってまかせておけ!」そんな心理が垣間見えると、もっとイヤ。

「馬鹿いってんじゃないわよ。私だって一個の人間なの。お人形じゃあるまいし」オンナのコはそう思っています。
それは、「思いやり、配慮のなさ」を感じるからなのよ。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月21日

会いたくなる人(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

私の主催するセミナーで、「会いたいと思う人」と「会いたくない人」はどんな人か、という課題で話をしたときです。

「Q1 どんな人に会いたいと思いますか?
こんなふうに考えてもらいます。

あなたはどう?

友人でも、上司でも、同僚でも誰でもOK。
「会いたい!」「会えると思うと気持ちが軽くなる!」人がいるでしょ。
そのひとを思い浮かべて。

どんな人?
誰が浮かんだ?


「Q2 次に、会いたくないひとは?

こっちも考えてみて。

嫌いというわけではない、
悪い人じゃないけれど会う前にはなぜか気が重い、というひと、いるよね。

どういう人?


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月24日

会いたくなる人(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、「会いたい人」は「与えてくれる人」。
元気をもらえる人、勇気をもらえる人。

こういうひとには与えてもらっているのね。
形のあるもの、ないもの、いろいろって言う話をしました。

今日は逆に会いたくないと思わせる人。

「会いたくない人」は奪う人。

そのひとに悪意がなくとも、「会いたくない」と思われる人は、どこかで相手の何かを奪っているんだろうな。

たとえば、笑わないことだったら緊張したり、警戒するよね。

つまり、余計な「気」を使うということで精神のエネルギーをもって行っちゃうわけ。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月25日

会いたくなる人(3)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、「会いたくない人」は奪う人。

そのひとに悪意がなくとも、「会いたくない」と思われる人は、どこかで相手の何かを奪っている。
「会いたい」と思ってもらうには、「聴くこと」、一緒に笑ってくれることって言う話をしました。

自分の変化を見て、声をかけてくれる人もいいよね。
「そのブラウスに合うね」とか「今日、生き生きしているね」とか。

「一緒にいるとたのしいなあ〜」って言ってくれたらすごく与えられた感じがする。
心が温かくなるね。
リラックスできるし、エネルギーをもらえるんだろうね。

つまり、「会いたい」と思ってもらうためには、コミュニケーションを自分のエゴのために使わないことが大切。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月26日

視覚情報満載で、感情が分かる話題を選ぼう(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

合コンで初めて出会ったオンナのコでも、こどものころ好きだったドラマやテレビ番組などの話、盛り上がるよね。

アニメの話やテレビドラマの話、アイドルの話をすると、相手が同世代なら大人でも興奮しちゃう。

ちなみに、大崎(当社男性スタッフ42歳)は幼いころ、榊原郁恵さんと薬師丸博子さんに憧れていたんだって。
そうきくと郁恵ちゃんの健康的な肢体が浮かぶし、薬師丸さんがライフル銃を抱えてた姿も思い出されるね。

思い出が一緒によみがえるって、たのしい!

こんなときに、オトコのコがまったくの聞き役では会話は盛り上がりません。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月27日

視覚情報満載で、感情が分かる話題を選ぼう(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

昨日は、オンナのコが「なにが好きで、何が嫌いだったか」を話しているのに、オトコのコは「何が正しいか」という視点で話をする傾向がある、そんな時オンナのコが冷めていくことがあるという話をしました。

じゃあ、昨日の会話のやり直しをしてみよう。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月28日

視覚情報満載で、感情が分かる話題を選ぼう(3)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

昨日は、オトコのコは、理屈っぽくてロジカルに話すので、オンナのコが冷めて行くことがあるという話をしました。

さて、日常会話やデートのときも同様に、相手が何か話したら、そのときの相手の気持ちに焦点を当ててみてほしいの。

ちょっとやってみるね。

「今日、私は何も悪くないのに、カワサキ課長から一方的な叱られ方したわ」
「叱られたんだ。悔しかったね」
「昨日出した文書が届いていないんじゃないかと思って、朝から電話をあちこちにしたのよ」
「そうか。心配しちゃったんだね」

こんな具合。

特に、気分が滅入るようなこと、元気がなくなっているとなどは、「思い」を代弁してもらえると、オンナのコはほっとするの。

このときの相手の思いとは、言葉以外から表現されているものも感じとってあげてほしいのね。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


2006年07月31日

質問を考えない(1)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

コーチは、あまり考えないように、とよくプロコーチ養成で話をします。
なぜなら考えるとき、すでに相手の話をきいていませんよね。
だから、まず聴くことなの。

出会ったオンナのコが何度目かのデートで、こんなことを言いました。

「今日はさんざんな日だったわ」

あなたは、次に何を話そうか考えて、彼女の話を聴けなくなります。

(1)「忙しかったの?」
これは、「さんざん=忙しい」というあなたの価値観の押しつけ。

あるいは、

(2)「また、部長に叱られたのか?」
これは、あなたの推測です。
ビンゴならいいけれど、外れたら、シラ〜。

ここで考えないとはどういうことか?
あなたに彼女の思いや背景が見えるまで、きくってことなの。


続きを読む





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。