2006年08月08日

合コンで、端っこにしかすわれない?(2)

| カテゴリ ●コーチングでもてる男になる!

★ランキングに参加しています。読む前にここをクリック!

こんにちは。
播摩早苗です。

前回は、消極的と控えめは違う。

「控えめ」というのは、仲間に入りながら、他者に対して、配慮があること。
たとえ言葉が少なくとも、誰かが話せばよく聴き、笑います。

これが大切なことって言いました。

単にちょっとしたテクニックだと思われそうですが、これ、「軸を相手においている」から、まさにコーチンとしてのコミュニケーションなの。

自分も大事にしつつ、いっしょにいる「他者を中心にできる」つて、人間としての深さを感じさせるよね。

だから、たとえ発信するコメントが少なくとも、思索しているひと、精神的にしなやかで、強いひとという印象を与える。

でも「ひがみ」から生まれた方の行動は、どう?

「ちゃんと俺に気を使えよ! こうして隅でいじけてるんだからさ。機嫌とってくれないと、帰っちゃうよ」というメッセージを周囲に発し続けます。

こんなこどもを相手にするのはうんざりよね。
同じ「隅に座る」という行動も、オンナのコに与える印象は全然違うんです。


人間は、相手の中身をちょっとしたことで瞬時に判断しています。

とくに、合コンに来たオンナのコやお見合い相手の女性は敏感です。
「ひがみっぽい気持ち」やポーズがないか、自分をチェックして。

さて、パーティや合コンでの役割について、ついでにもう一つ。

要領がよく、準備段階では消極的なのに、おいしいところだけもっていくオトコのコっていない?
たとえば、プランニングはひと任せなのに、いざ合コンのときに「主役」のように振舞うオトコのコ。

店が悪いだの段取りが悪いだの、人前でこれ見よがしに幹事に「モンク」をいったりします。
手伝いもしなかったくせに、後から言うな!ダヨネ。

でも、そんなの言わせときゃいいんです。

何でも、ゼロからクリエイトすることはとても大変なこと。
合コンの幹事をやったことがある人なら誰でも分かることだし、オンナのコだってそのくらいわかっています。

ひとのお膳立てに要領よく乗るだけのオトコのコより、真摯に行動しているそんなあなたを評価しているオンナのコの方が、きっと多いと思うよ。

今日はここまで。


今日のお勧めワークは、合コンを企画すること。
そして、ここで紹介したスキルを使ってみること。





↓コーチングについてもっと知りたい!↓
コーチングならフレックスコミュニケーション


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。